株式会社ミヤツー

株式会社ミヤツー

防犯セキュリティシステムiNEXT
音響・映像・通信システムのご提案・設計・施工・メンテナンス

施工実績

店舗 某アイスクリーム新店舗 様

メンテナンス
症例・要望

店外に音の出せない店舗で、集客効果を上げたい

要望詳細

店外に音を出すことのできない制約がある新規店舗を開店するとの
お客様からのご相談を受けました。開店約1ヶ月前のことです。
こちらのお得意様は多店舗を経営されており、全店舗の店外にCM音声を流すことで集客を2~3割ほど
向上させており、今回の新店舗では「どうしたらよいものか?」とのご相談でした。

店外の液晶モニター

店外に音を出せないのであれば、映像で歩行者に訴えればよいのでは・・・
映像だけであれば問題はないと双方共に納得しました。
ウィンドの内側から外に向けて液晶モニターを取り付けすることにしました。
もちろん音は出せませんので映像のみになります。

ほんとうに映像のみで集客の効果はあるのか?答えはあまり期待できません。
しかし、人と言うのは、気になることはそのままにしておけない心理が働きます。
「はたして何を言っているのだろう・・・」と

店内の液晶モニター

そこで、その外側の液晶モニターを見ている位置から見える店内の壁面に
もう1台液晶モニターを取り付けることとしました。
もちろん店内に音は出していいので、映像に合わせた音を流すことを検討しました。
しかし、店内にはテーブル席もあり、営業時間中CMの音声を流し続けるのは
お客様のご迷惑になり逆効果ではないか?
お店の雰囲気は店内のBGMも重要であるとお考えのオーナー様です。
「通常はBGMメインで10分ごとに2回くらいCMが店内に流せればなぁー」とお客様。

 

そこで、店外と店内の液晶モニター2台にCM映像を流し続けながら、店内のみ10分毎に
CMの音声をCM2回分流すこととしました。
当初タイマーでBGMとCM音声を切り替えて流そうとしましたが、これだとタイミングが
ずれてCM映像の途中でCM音声やBGMに切り変わってしまいます。
当社ではCMの映像をカウントする方式を開発し、確実にCMの頭で音声をCMに切替え、
CMの終わりに確実にBGMに切り替えるようにしました。

これで快適な店舗環境も保てて、オーナー様のご要望にもお答えすることができました。
色々な制約があっても映像と音を利用し多くのオーナー様が効果を上げられております。

今までの実績と実例を交えご提案させて頂きます。是非ご相談をお待ち致しております。

 

 

先頭に戻る